スポンサードリンク
| 口コミ情報(0)

厳選された素材と「神戸マイスター」が心を込めて作るケーキの数々。

旬の果物を色とりどり贅沢に使った美しい洋菓子はボックサンならではの味わい。

また、インターネットでお買い物が出来るオンラインショッピングではチーズケーキから焼き菓子まで
遠方にお住まいの方々にも本場の神戸の味を。

東須磨本店アトリエではケーキ教室も開催中!

神戸マイスターが直接指導にあたり、目の前でのデモンストレーション、マイスター手作りの新鮮なケーキを味わうことが出来ます。

菓子工房ボックサンのカフェでは美味しいデザートもお召し上がりいただけます。

 

| 口コミ情報(0)

隠れ家的存在なので探すのには一苦労かかりそう。

「ラ・ピエール・ブランシュ」は仏語で「白岩」と言う意味。

チョコレートと焼き菓子がメイン!

 

スポンサードリンク

神戸のお取り寄せ

最近のクチコミ情報

神戸の歴史

 神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
 その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
 江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
 昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
 平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

このサイトについて

このサイトはエンターが運営しています。
サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。