スポンサードリンク
| 口コミ情報(0)

神戸 岡本のインド料理レストラン。

丹精に作られた本格的な味を和やかな雰囲気の中で。

シェフは、インド・香港等のレストランを経て日本へ。

2005年2月3日 開店。

パーティーは、25名までご利用可能。

誕生日などの記念日、ご結婚式の二次会などに!

| 口コミ情報(0)

塩ラーメンは澄んだスープが自慢の一品。
最後まで飲み干せることうけあい。

鶏の唐揚げは中華の定番。
ボリューム満点、説明不要のおいしさです。

ニラ玉炒めはふわふわとろとろの1番人気です。

エビのチリソースはエビのプリプリ感が食感抜群。
辛さ控え目でエビの甘さ。

ねぎとんは、ねぎと豚でねぎとん。オリジナルではまる味。

| 口コミ情報(0)

場所がちょっとわかりにくいですが、人気のお店。

にんにくの香りがGOOD!(気になる人もいるかもしれませんが)

餃子も、ボリュームがあってオススメ。

ランチタイムは満席になることも多いので、余裕を持っていきましょう。

 

| 口コミ情報(0)

お店は神戸市東灘区の閑静な住宅街にあり、

ワンちゃんと一緒に入れるCAFE。

fogやstudioM'など素敵な雑貨も扱っております。

犬との共生をより楽しく実現するための生活をプロデュース。

CAFEのコーヒーもマスターのお気に入りの豆を使っており、1杯ずつ丁寧に入れております。

 

スポンサードリンク

神戸のお取り寄せ

最近のクチコミ情報

神戸の歴史

 神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
 その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
 江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
 昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
 平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

このサイトについて

このサイトはエンターが運営しています。
サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。