スポンサードリンク

神戸クチコミサイト「ぶらりん」でタグ「イタリアン」が付けられているもの

| 口コミ情報(0)

こだわりの本格イタリアン

メインディッシュにたっぷりと添えている焼き野菜は高知・北川村の実家から届くものや、京都・瑞穂町へ車を走らせて仕入れているもの。
贅沢な食材を使い豪華に・・・というよりも、素材を大切にして、心に響く料理を作ることを心がけている。

「シンプルだけど、なぜにうまい」そんな料理。

 

| 口コミ情報(0)

神戸市垂水区のイタリア料理専門店。
Teatro(劇場)、Cucina(キッチン、料理)の名前の通り、オープンキッチンでお店は劇場、キッチンはステージ、そこで働く人は役者という小劇場のようなレストラン。

おいしそうな音や匂い、シェフが料理する姿など、舌で味わうだけじゃないおいしさもダイレクトにお伝えする"テアトロ クチーナ"(料理劇場)。

その日のお昼に競り落とされた旬の魚介類が夕方には お店に届き、夜のメニューに載る。この立地ならではの鮮度 のものを、どうしたらおいしくなるかを見極め適確な下処理、調理を して、提供。
調味料、加工食品等 は極力イタリア産のものを使用。塩はシチリアの 自然海塩、オリーブオイルも個性の違うオイルを料理に応じて 3種類使い分けるなどこだわり。

| 口コミ情報(0)

レストランでメニューを選ぶ時、おいしそうなお料理が色々あってあれもこれも少しずつ食べてみたいと思ったことはありませんか?

その希望を叶えたくて、一皿のポーションを少なめの量で、お手頃価格に。

引き戸を開けると、居酒屋や焼き鳥屋のようなおもむき・・・

L字型カウンター10席の小ぢんまりとした店内。

ワインも気軽に飲んで頂きたくてリーズナブル。

ラストオーダーが24:00なので遅めの夕食にも。

 

| 口コミ情報(0)

大きなガラスの窓の中、夜ごと温かな光に包まれてにぎわう人々の姿。

駅近だが、繁華街からは少し離れた場所、夜は静かな界隅にオープン。

料理の音色を奏でたい事と、老若男女を問わずたくさんのお客様にきていただきたい。

オーナーシェフは、数々の高級イタリアンレストランを勤めてきた林英作シェフ。

 

| 口コミ情報(0)

数々のホテルの料理長を務めたベテランシェフが、フレンチをおもてなし。

ヨーロッパ各国のテイストを取り入れたフュージョン料理を提供。

料理は、気軽に注文できるパスタ(¥1000~)やピッツァ(¥1000~)から、本格的なコースも2000円から用意してくれる。

カップルのデートや記念日にもオススメ。

店内は開放感あふれるつくり。

 

| 口コミ情報(0)

ヨーロッパの田舎風隠れ家

オーナーは、フランス、イタリア、イギリス、アイルランドのレストランで5年に渡り修行。

フレンチをベースにパスタなどのイタリアンの要素を取り入れたメニュー。

パーティープランや、テイクアウト、出張パーティープランなどもあります。

 

| 口コミ情報(0)

ピザ・パスタ専門店をお探しなら、オススメ!

ピザの本場ナポリ直送素材を練り上げ、石窯で焼き上げたピザをはじめ、こだわり抜いた本物のイタリアンを堪能できます。

使用している食材も厳選されたものを使用しており、安心できます。

ドーム型の石窯で焼くピザは最高!

 

| 口コミ情報(0)

三ノ宮の路地裏にある、南イタリア料理店。

新鮮な魚介類や厳選した野菜など素材の味を最大限に活かした南イタリア料理が楽しめます。

カップルや職場の同僚、友人、家族で気軽に楽しむも良し、貸切りパーティで賑やかに盛り上がるも良し。

おしゃれな神戸で本格南イタリア料理をいただくことができます。

週替わりランチがオススメ!

 

| 口コミ情報(0)

本格派イタリア料理を手軽にお楽しみいただける。

ランチタイム、ディナータイムは月替りのローマコース。

新神戸オリエンタルホテルに宿泊のお客様にはお得なプランや特典も。

 

スポンサードリンク

神戸のお取り寄せ

神戸の歴史

 神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
 その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
 江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
 昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
 平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

このサイトについて

このサイトはエンターが運営しています。
サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。