スポンサードリンク

神戸クチコミサイト「ぶらりん」でタグ「インド料理」が付けられているもの

| 口コミ情報(0)

1988年創業以来、本格的なインド料理専門店として現在に至る。

インドのパン=ナンの魅力
タンドール(土釜)で焼いたナンやひき肉を詰めたナン、油で揚げたナンなどを手でちぎってお召し上がりください。

タンドール料理の魅力
タンドール料理は北インド地方の代表的な料理の一つです。

多彩なスパイスの魅力
インド料理には多くのスパイスが使われています。味や香りを引き立てるだけでなく、漢方のような薬効があるといわれています。


 

 

| 口コミ情報(0)

象の頭をした神ガネーシャはインド全国で広く親しまれ、人気のある大衆神。

その図像はインドのいたるところで見ることができます。

現在のガネーシャには、いろいろな性格が付与されており、総合神的な要素が強くなってきています。

しかし、主な役割は1、富と繁栄の神2、知恵と学問の神3、障害を除去し、成功をもたらす神といえます。

この神の名を店名に冠し、「みんなのヤル気が神戸の元気の元」をキャッチフレーズにオープン。

故郷・北インドの料理独特の、スパイスが織りなす味を堪能できる。

| 口コミ情報(0)

神戸 岡本のインド料理レストラン。

丹精に作られた本格的な味を和やかな雰囲気の中で。

シェフは、インド・香港等のレストランを経て日本へ。

2005年2月3日 開店。

パーティーは、25名までご利用可能。

誕生日などの記念日、ご結婚式の二次会などに!

| 口コミ情報(0)

北インド、特にニューデリーの都会的高級インド料理を落ち着いたインテリアの中で楽しむことができる。

国際的都市神戸において、あらゆる国と年代のお客様に支持されている。

お席から炭焼き窯での調理をご覧頂ながら、食事を楽しむことができる。

料理は各種カレーはもちろん、タンドリー料理や炭焼きパンなど、インド料理を存分に味わうことができる。

また、テイクアウトも可能。

スポンサードリンク

神戸のお取り寄せ

神戸の歴史

 神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
 その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
 江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
 昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
 平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

このサイトについて

このサイトはエンターが運営しています。
サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。