スポンサードリンク

神戸クチコミサイト「ぶらりん」でタグ「ケーキ」が付けられているもの

| 口コミ情報(0)

職人たちの英知を集結した、パリのケーキ。

美を織りなすというとおり、見た目が美しいのでお土産などに最適。

神戸空港店もあります。

 

| 口コミ情報(0)

ロールケーキ・ケーキ・焼き菓子をはじめオリジナリティあふれるケーキを販売。

ワンダフルKOBE2005にも掲載された代表メニュー、「神戸とろりん」は保存料を一切つかわず、厳選された素材を使用。

有名シェフも唸らせる、不思議プリン。

他のプリンとは一味も二味も違います!!

 

| 口コミ情報(0)

1969年に創業。

手作りのケーキ・焼き菓子・ウエディングケーキ・お客様だけのオリジナルケーキなどを作りつづけている。

小さなお店ですが、一人でも多くの方に、『おいしい』と思っていただける様なケーキを作ろうと真心たっぷりの洋菓子店。

オリジナルケーキはお祝いの席には最適!

 

| 口コミ情報(0)

厳選された素材と「神戸マイスター」が心を込めて作るケーキの数々。

旬の果物を色とりどり贅沢に使った美しい洋菓子はボックサンならではの味わい。

また、インターネットでお買い物が出来るオンラインショッピングではチーズケーキから焼き菓子まで
遠方にお住まいの方々にも本場の神戸の味を。

東須磨本店アトリエではケーキ教室も開催中!

神戸マイスターが直接指導にあたり、目の前でのデモンストレーション、マイスター手作りの新鮮なケーキを味わうことが出来ます。

菓子工房ボックサンのカフェでは美味しいデザートもお召し上がりいただけます。

 

| 口コミ情報(0)

「お菓子作りの基本は、材料の選択はもとより、
土台となるスポンジを丁寧に焼き上げるところにあると考えます。
当店では、しっとりとしてやわらかく口どけの良いスポンジに
デコレーションしたお菓子こそ永く食べ続けていただけるものと信じ、
そんな願いを店名の"ビスキュイ(スポンジ)"に、込めました。」

とスポンジにこだわりのあるお店。

ふわふわのスポンジはたまりません。

 

| 口コミ情報(0)

ここの特長は「本日のケーキ」と注文してからケーキホールをカットしてくれること。

生鮮食品にさえ思えます。

この店でこんな提供の仕方見てから、他のお店ではと思うのだが・・・。

そんなアイディアもステキだが、新鮮さ主張するかのような「本日のケーキ」も、旬の食材を使った自信作!

阪急百貨店などに出店しているが、本店は新幹線新神戸駅から歩いても7分くらいで便利。

 

| 口コミ情報(0)

自然素材仕立ての焼菓子やクッキー、パイ、そして純生チョコが人気。

昭和45年に中山手通にオープン。

日本紅茶協会認定の「おいしい紅茶の店」。

店内の喫茶でケーキとご一緒に!

 

| 口コミ情報(0)

自然と野中にあるナチュラルな山小屋風レストラン。

モンゴルの牧草地に咲く花の名前が店名になっているそうです。

クレーム・ダンジュが大人気!

イートイン限定商品は、食べてみる価値有り!

 

| 口コミ情報(0)

堂々としたお城のような建物と、広々とした店内。

旬の素材をふんだんに使ったフレッシュケーキが自慢。

テイクアウトできるパンも人気。

垂水駅前店もありますよ!

 

| 口コミ情報(0)

広々とした店内で、ゆっくりとスイーツを選ぶことができます。

白を基調とした清潔感あふれるところもGOOD!

ケーキ工房はもちろん、バウムクーヘン工房もあり、焼き上げる様子やカットする前の大きなバウムクーヘンを見ることもできます。

コーヒーは、体に優しい有機栽培(オーガニック)コーヒーを使用。

垂水店だけのこだわりの紅茶もオススメ。

 

| 口コミ情報(0)

雑誌でも数多く取り上げられている神戸で人気のケーキ屋さん。

常に、新しいことにチャレンジしており、メニューも豊富。

また、ケーキ教室も開催中。

神戸の港町でゆっくりしたスイーツタイムを!

 

| 口コミ情報(0)

伝統の味を大切にしながら常に新しい「美しいさ」を追求し心のこもった手作りのお菓子をお届けしております。

各地でのイベントにも積極的に参加。

テレビ番組で取り上げられたこともある実力派のケーキ屋さん。

ネットでの購入も可能!

 

スポンサードリンク

神戸のお取り寄せ

神戸の歴史

 神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
 その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
 江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
 昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
 平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

このサイトについて

このサイトはエンターが運営しています。
サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。