スポンサードリンク

神戸クチコミサイト「ぶらりん」でタグ「スイーツ」が付けられているもの

| 口コミ情報(0)

常に旬の素材を生かして、季節限定のケーキを次々に作り出している。

例えば、冬の紅玉りんごパイ。紅玉りんごの一番おいしい時期にしか作らない。

また、夏の桃パイ。白桃の一番おいしくなる時期のみ。

シーズンごとに、楽しめるスーツの数々です。

| 口コミ情報(0)

本場ヨーロッパの味を提供する洋菓子店。

手作りと出来立てにこだわり30年。

新しいおいしさを求める職人の思いから、常に季節に応じたスイーツが並ぶ。

インターネットでの販売も行っている。

 

| 口コミ情報(0)

木目を基調とした南フランスをイメージしたお店。

パティスリーやホテルで経験を積み、オープン。

使い古していく程に味が出るようなお店にしていきたいという。

自家製の味と大きなオーブンが魅力。

 

| 口コミ情報(0)

神戸南京町を西に抜け、神戸元町商店街3丁目中ほどにある白い洋館。

ちょっとしたお庭があるゆったりとした店内。

『サソボン』 は、フランス語で「いい香り」という意味

季節の新作スイーツも続々登場し、何度でも足を運びたくなります。

 

| 口コミ情報(0)

伝統の味を大切にしながら常に新しい「美しいさ」を追求し心のこもった手作りのお菓子をお届けしております。

各地でのイベントにも積極的に参加。

テレビ番組で取り上げられたこともある実力派のケーキ屋さん。

ネットでの購入も可能!

 

| 口コミ情報(0)

外から見ると雑貨屋としか思えない店構え。

しかし、実はカフェという変わったお店。

店内は、バリ島の雑貨で飾られています。

購入もできるようです。

メインは、雑貨かスイーツかわかりませんが、ケーキは絶品!

 

スポンサードリンク

神戸のお取り寄せ

神戸の歴史

 神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
 その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
 江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
 昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
 平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

このサイトについて

このサイトはエンターが運営しています。
サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。