スポンサードリンク

神戸クチコミサイト「ぶらりん」でタグ「ステーキ」が付けられているもの

| 口コミ情報(0)

モーリヤ厳選牛とは神戸牛の素牛である但馬牛の血統を強く引き未経産の雌牛を扱い月齢32ヶ月以上肥育し兵庫県内の但馬牛同士の近親交配を避け安定した生産を誇る良質の肉牛。

但馬牛の郷である養父市のモーリヤ契約牧場において純血但馬牛と同じ牛舎で同じ物を食べ成長した牛を主に扱い、味、風味は神戸牛にも劣らない。

神戸牛は勿論すぱらしい肉質なのですがとにかく値段が高いのが難点。
お客様にご提供しやすい価格で尚且つ品質的に神戸牛にも劣らないモーリヤ厳選牛を自信を持ってお客様にお奨めしている。

| 口コミ情報(0)

神戸三宮駅から南へ徒歩約3分。

本格鉄板焼きステーキハウス。ランチ、ディナーともにシェフが厳選した安全で美味な純国産の和牛のみを使用。

すべてカウンター席でディナーはもちろんランチタイムもお客様の目の前でステーキを鮮やかに焼き上げる。

ディナーコースは多数あり、お客様のお好みによってコースとグラム数を指定。サイトから、ディナークーポンもあり。ディナータイムは混み合う場合があるので予約したほうが良い。

| 口コミ情報(0)

朱肉を思わすほどの濃厚な肉色は30ヶ月以上飼いこまれた雌牛のあかし。

だからこそ細やかな霜降りが目に鮮やか。

その処女の雌牛をより最高の味にするのが熟成。

屠畜されて間もない神戸牛はまだ肉質が硬く、霜降りも少ないが、長期熟成により、 余分な水分をぬき、アミノ酸を十分にひきだした神戸牛は牛脂がやわらかく、融解温度が低くなり、レアでも中が温かく、旨味が凝縮された肉汁が口の中で広る。

 

| 口コミ情報(0)

神戸の洋館をイメージした内装。

神戸肉流通推進協議会の認定付の本物の神戸牛、但馬牛のみ使用。

同時に2種類のステーキが同時にお召し上がり頂ける贅沢なコースも。

オリジナルのパスタもデザートもオススメ。

 

| 口コミ情報(0)

キーワードは、「艶やかな肉色と熟成」というステーキ。

30ヶ月以上飼いこまれた雌牛なので、細やかな霜降りが目に鮮やかな神戸牛になるそうです。    
  
その処女の雌牛をより最高の味にするのが熟成。

長期熟成により、 余分な水分をぬき、アミノ酸を十分にひきだした神戸牛をいただけます。

ホームページ特典クーポンもあります。

 

| 口コミ情報(0)

創業35年の精肉店が経営する神戸牛のステーキ店。

きめ細かい肉質でまろやかな甘みの牛肉を厳選。

オーナー自身が、毎日肉を目利きして一番食べごろのものを選んでくれます。

自家製のゴマダレ、ポンズのいずれかで味わうステーキは絶品。

肉の旨みをしっかり堪能できる粗塩もオススメ。

前菜からデザートまでがセットになったコースメニューもあります。

 

スポンサードリンク

神戸のお取り寄せ

神戸の歴史

 神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
 その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
 江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
 昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
 平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

このサイトについて

このサイトはエンターが運営しています。
サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。