スポンサードリンク

神戸クチコミサイト「ぶらりん」でタグ「バイキング」が付けられているもの

| 口コミ情報(0)

オープンキッチンからできあがる本格中華をバイキングスタイルで味わえるレストラン。

冷菜、湯菜(スープ)、温菜、飲茶、麺・飯、お粥、甜鹹(デザート)など各コーナーに並ぶ中華メニューは約60種類。

野菜をたっぷり使ったカラダにやさしい中華料理。

アジアンモダンをテーマにしたくつろぎの空間で、オープンキッチンの活気と彩り豊かな料理が楽しめる。

メニュー例

  • 鶏肉とカリフラワーのカレー炒め 冬仕立て
  • イカ入り玉子焼き 彩り野菜あんかけ
  • 白菜と青菜のクリーム煮 広東風
  • スケソウ鱈の唐揚げ 豆鼓炒め
  • 麻婆豆腐
  • 酢豚
  • 水餃子と五目野菜の麻辣火鍋(ランチ限定)
  • 黒豚豚足の美肌コラーゲン鍋
  • 海老のチリソース 
  • 豚肉の細切り炒め
  • | 口コミ情報(0)

    寿司・焼肉をメインに、お惣菜やごはんもの、フルーツ、ケーキなどのデザートも合わせて100種類以上が食べ放題!

    和・洋・中のサイドメニューに、デザートも充実した品揃え。

    工夫次第でメニューが広がる楽しみも。
    セルフソフトクリームやセルフクレープ(ディナーのみ)、わたがしも人気。

    こどもからおじいちゃん、おばあちゃんまで、みんなでおなかいっぱいになれる。

     

    | 口コミ情報(0)

    神戸の新しいランドマーク「ミント神戸」にあるお洒落なビュッフェレストラン。

    お料理は、シェフが腕によりをかけたハイクオリティなものばかり。

    洗練された雰囲気の中、贅沢な気分を味わえるお料理を常時55種類以上。

    お寿司や天ぷらなどの和食、お好みのトッピングを選べる上海ラーメンや点心が盛りだくさんの中華、本格欧風料理から色鮮やかなデザートなど。

     

    | 口コミ情報(0)

    神戸のランドマーク、神戸商工貿易センタービル24階にあるバイキングレストラン。

    コンチネンタルから和食まで常時約60品の各国料理とデザートをブッフェ・スタイルで。

    店内はダークブラウンとメタリックのシンプル&モダンな家具で統一されたインテリアに、ダイナミックなラウンド型ブッフェレーンを配したスタイリッシュな空間。

    地上110m、神戸でも屈指の眺望を望むレストランでお食事やパーティーが楽しめます。

    平日 ランチ 11:00~15:00 ディナー 17:00~22:00

    土日祝 ランチ 11:00~16:00 ディナー 17:00~22:00

     

    | 口コミ情報(0)

    西神オリエンタルホテル1Fにある、常時100種類の和洋中が楽しめる人気バイキング!

    中でもロースとビーフは自信作だとか。

    実演コーナーでは、鉄板焼や飲茶、揚げ物など作り立てをサービスしていただけます。

    焼きたてのパンやデザートも人気!

     

    スポンサードリンク

    神戸のお取り寄せ

    神戸の歴史

     神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
     その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
     江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
     昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
    平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
     平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

    このサイトについて

    このサイトはエンターが運営しています。
    サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。