スポンサードリンク

神戸クチコミサイト「ぶらりん」でタグ「フレンチ」が付けられているもの

| 口コミ情報(0)

築百年を超すクラシックな神戸の異人館をそのまま利用したシックなたたずまいと、真のホスピタリティを知る本格派のサービス。

そして地の物をメインにした新鮮な感性のメニュー。

神戸の山の手、ひときわエキゾチックな街「北野」に誕生した居心地のいいフランス料理の店。

お料理はテーブルの上のアート。

そして、テーブルを囲む空間とひとときが作品です。

おいしい時間をどうぞ。

 

| 口コミ情報(0)

数々のホテルの料理長を務めたベテランシェフが、フレンチをおもてなし。

ヨーロッパ各国のテイストを取り入れたフュージョン料理を提供。

料理は、気軽に注文できるパスタ(¥1000~)やピッツァ(¥1000~)から、本格的なコースも2000円から用意してくれる。

カップルのデートや記念日にもオススメ。

店内は開放感あふれるつくり。

 

| 口コミ情報(0)

神戸の表通りから一歩踏み入れた裏通りにある小さなレストラン。

朝市から届く瀬戸内の採れたて食材を、フレンチベースにアレンジされています。

気取らずにフランス料理が楽しめる、ビストロスタイルなので、仕事帰りの軽く一杯から大切な人との贅沢なディナーまで。

 

| 口コミ情報(0)

ちょっとかわった「フレンチレストラン」。

ウエディング会場、LIVEステージ、発表会の会場、料理や食材のワークショップなど開催。

赤ちゃん連れのファミリーでも本格フレンチが楽しめます。

年末には「第九コンサート」。

お正月にはフレンチのお節。

大きなイベントからふだんのお食事まで気軽に楽しめる、ちょっとかわったフレンチです。

 

スポンサードリンク

神戸のお取り寄せ

神戸の歴史

 神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
 その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
 江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
 昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
 平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

このサイトについて

このサイトはエンターが運営しています。
サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。