スポンサードリンク

神戸クチコミサイト「ぶらりん」でタグ「中華」が付けられているもの

| 口コミ情報(0)

ランチもディナーも同じ料金のバイキングが人気。

毎日違う30品目以上の中華バイキング。

1品料理、コース料理もあります。

学園都市店もあり。

 

| 口コミ情報(0)

中国の家庭料理を気軽に楽しめる、20席のアットホームな店。

オススメは、羊肉の串焼。

日本では珍しいですが、中華料理では有名なメニュー。

香ばしさとスパイシーな味が特徴。

羊肉でお肌プルプル健康に。低脂肪で、疲労回復などにも効果抜群。

ホームページでクーポン券もあり。

| 口コミ情報(0)

南京町(なんきんまち)は、神戸市中央区の元町通と栄町通に挟まれた狭いエリアの通称。

正式な地名ではない。

南京町商店街振興組合の登録商標でもあり、中国風の意匠を特徴とするチャイナタウンです。

横浜中華街、長崎新地中華街とともに日本三大チャイナタウンの一つに数えられ、東西約200m、南北110mの範囲に100あまりの店舗が軒を連ねている。

南京町の中央通りは、十字路になっていて中央の広場には「あずまや」、東は「長安門」、西は「西安門」、南は「南楼門」という名前の門があり、北は元町商店街につながる。

 

| 口コミ情報(0)

水餃子が自慢。

具材には豚肉とにら、そして豆腐を使い、皮はつやつや。
つるんとしたノド越しが他では食べられない絶品の「水餃子」。

神戸を訪れる芸能人の間でも有名な『天竺園』。
毎日、地元のなじみのお客様と地方から観光で来られるお客様で店の前はいつもにぎわっている。
神戸に来たら少々並んでも、絶対食べてみたい『天竺園』の「水餃子」。
お口の中にパクリとほおばるとアツアツの具がジュワ~ッと広がります。
あっさりした上品な味なのでいくらでも食べれるおいしさです。

| 口コミ情報(0)

中国王宮料理がいまに伝える四千年の歴史。西洋と東洋が融合する空間「東天閣」

明治27年。
ドイツ人F.ビショッフ氏の邸宅として、
イギリス人の建築家ガリバー氏が手がけた木造・瓦葺の西洋館。

昭和20年。
大連の一流料理店のコックだった先代が 受け継ぎ、
中国王宮料理店として「東天閣」をオープン。
中国の長い歴史の中で腕利きの料理人が競って創ったという中国王宮料理。

 

スポンサードリンク

神戸のお取り寄せ

神戸の歴史

 神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
 その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
 江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
 昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
 平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

このサイトについて

このサイトはエンターが運営しています。
サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。