スポンサードリンク

神戸クチコミサイト「ぶらりん」でタグ「神戸牛」が付けられているもの

| 口コミ情報(0)

神戸牛ステーキは一度食べると忘れらない美味しさです。
最高のお肉を出来るだけリーズナブルにと考え一頭分一括仕入やコースのスタイルを取り分けコースし、安く美味しいお肉をいただける。

神戸牛、但馬牛とも最高等級のA5,A4級を使用。
神戸牛はA5.A4の証明書付の本物の神戸牛のみ使用し、但馬牛ロースステーキもA5、A4級の但馬牛を使用。

レストランとはまた違った気軽なスタイルで贅沢な時間を過ごすことができる。
最高の肉を追求し、どのレストランにも負けない"こだわり"は本物。

神戸元町は三宮駅からも徒歩5分、JR元町から徒歩1分の隠れ家。

| 口コミ情報(0)

西神飯店でしか味わうことのできない最高級の神戸牛(神戸肉)と明るく広々とした店内。
お得な特選神戸牛(神戸肉)のファミリーセットや各地の銘酒を取り揃え。

一頭から少ししか取れない「千本」「かっぱ」などの珍しい部位も。

忘新年会、歓送迎会などもご予算に応じて可能。

地元オリックスブルーウエーブの選手をはじめ、阪神、日本ハム、ロッテ、ダイエーなどの多くのプロ野球選手やJリーガー、タレントなど多くの方々も利用。

店内にはサインボールや愛用の品などがたくさん。

 

| 口コミ情報(0)

マスコミでも話題の店。

神戸牛の中でも、牛肉で最もおいしいとされるメスの処女牛にこだわって提供。

ステーキをフライパンで焼き上げるのが特徴で、微妙な火加減の調節で、うま味が引き出せるという。

しゃぶしゃぶやすき焼き、お造りなど、それぞれで異なる神戸牛のおいしさが堪能できる。

1階には掘りごたつ式座敷、2階は座敷にテーブルを並べた和モダンな空間。

 

| 口コミ情報(0)

キーワードは、「艶やかな肉色と熟成」というステーキ。

30ヶ月以上飼いこまれた雌牛なので、細やかな霜降りが目に鮮やかな神戸牛になるそうです。    
  
その処女の雌牛をより最高の味にするのが熟成。

長期熟成により、 余分な水分をぬき、アミノ酸を十分にひきだした神戸牛をいただけます。

ホームページ特典クーポンもあります。

 

スポンサードリンク

神戸のお取り寄せ

神戸の歴史

 神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
 その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
 江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
 昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
 平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

このサイトについて

このサイトはエンターが運営しています。
サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。