スポンサードリンク

神戸クチコミサイト「ぶらりん」でタグ「銭湯」が付けられているもの

| 口コミ情報(0)

「和と洋」、竹林とコンクリートの擁壁が館内へ誘う。

天然温泉と天然海水のお風呂が自慢。

温泉の効能は、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病

瀬戸内から引き込んだ天然海水のお湯につかりながら庭園のような露天風呂を満喫できるのも特徴。

 

| 口コミ情報(0)

ミネラル鉱石がたっぷりはいった人工の「ラドン温泉」の銭湯。

温泉効果たっぷりでよく温まると好評。

なんとなく懐かしいレトロな銭湯。

木の香りのする銭湯。

介護イス、手すり等も設置してありますので、ご年配の方でも安心して入浴出来ます。

 

| 口コミ情報(0)

日帰り温泉、宿泊プランもあり。

天然ラジウム温泉。疲労回復・神経痛・冷え性などに効能があるとされている。

ラジウム温泉とは
一般にラジウム温泉と呼ばれている温泉水の中には、ラドンが含まれています。
ラドンは弱い自然放射線を出すガスの元素です。放射線というと「え?」と、思われるかもしれませ
んが、微量な自然放射線は、人体にとってよい刺激となります。この刺激により、毛細血管が拡張し
て新陳代謝が向上し、その結果、免疫力や自然治癒力が向上されるといわれています。また放射線の電離作用によりマイナスイオンが生成し、心地よい気分にさせてくれます。

 

| 口コミ情報(0)

重曹泉・硼酸(ホウサン)泉の二種類の天然温泉が楽しめます。

効能は、病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・慢性皮膚病・虚弱体質・慢性婦人病・便秘・痛風・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・肝臓病・糖尿病・冷え性

質の高い飲料水として販売している「布引の水」が使われている名水水風呂もあります。

仮眠室、カプセルホテルもあり。

 

| 口コミ情報(0)

源泉は、無色透明。

湯あたりが柔らかく、つるつるした肌触りを楽しめるアルカリ性泉。

溶存する炭酸水素イオンを多く含み、皮膚角層に浸透することで肌の乾燥を防ぎ、しっとりとしたみずみずしい肌になる「美人の湯」といわれる。

また、成分にラドンを含み弱放射能温泉としての効能も期待できる。

送迎バスもあり。

 

| 口コミ情報(0)

地下752mから湧き出る良質の天然温泉。

泉質はナトリウム-炭酸水素塩、塩化物泉で一般的に美人の湯。

効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性、慢性婦人病、疲労回復、健康増進など。

サイトではクーポン券も。

| 口コミ情報(0)

美人の湯と言われるpH9.5のアルカリ性単純温泉。

露天風呂(岩風呂)と贅沢な源泉掛け流しの壷湯にし、炭酸泉、マイクロナノバブル(絹の湯)等。

天然温泉、6種類からなるチムジルバン(岩盤浴)、リラクゼーションと。

送迎バスもあり。

 

| 口コミ情報(0)

「維持管理優良施設」として神戸市より表彰。

高温サウナ・塩サウナ・各ジェットバスに気分最高の露天風呂。

20種類以上の楽しいお風呂と天然温泉が楽しめる。

ストレス解消・美容・痩身・健康維持などにも効果バツグン!

気軽にリゾート感覚が楽しめます!

 

| 口コミ情報(0)

明石海峡大橋と海を望めるレストランと露天風呂。

日常の疲れをさっぱり流してくれるさまざまな種類のお風呂が充実。

特に、床にヒマラヤ岩塩を敷き詰めた朱雀塩など3種の岩盤浴は人気。

一日中リラックスできる施設。

 

スポンサードリンク

神戸のお取り寄せ

神戸の歴史

 神戸は、古くから貿易港として発展を遂げてきました。奈良時代には、わずか半年足らずですが、現在の兵庫区を中心に福原京が設けられました。
 その後、戦乱により神戸の町は荒廃し、海上貿易の中心を大阪の堺に譲ることになりました。
 江戸時代になると鎖国政策のために外国貿易は途絶えました。しかし、1672年に西廻り航路が開かれて以来、神戸は、天下の台所・大阪の外港としてその地位を築き、大阪や江戸を結ぶ海上輸送の要衝を担うことになります。慶応3年(1868年)の兵庫開港によって神戸は再び活気を取り戻します。
 昭和56年(1981年)には、ポートアイランドの完成を記念した「ポートピア’81」、昭和60年(1985年)には「ユニバーシアード神戸大会」などを開催。ファッション、コンベンション、観光都市として独自の情報を発信する都市・神戸をアピールしました。
平成5年(1993年)には、市内全域を舞台にした「アーバンリゾートフェア神戸’93」を開催。
 平成7年〈1995年)、阪神・淡路大震災により神戸は甚大な被害に遭いました。復興は進んできましたが、引き続き再建をめざしています。

このサイトについて

このサイトはエンターが運営しています。
サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、担当者が訪問して得られた情報を掲載しておりますが、内容に問題がある場合はお手数ですが、こちらからご連絡ください。